裏読み©︎inema

旧作映画を中心に裏読みをしていきますね

【裏読みsureb@ 仏教❸ブッダの真理『無我』】

                        ブッダ

            神のみならず!

 

     (真)我までも否定した!

                 んだよっ

 

そう!ムカッ「無我」ってやつ…

       サラッと、その経緯をみていこう…

f:id:tekkan-non:20190519232608p:image

毎度、イラッとくるダジャレにお付き合い頂き、

                                                        誠に有難うございます…

 

 

 

 


当時、世間ではアートマンブラフマン」信奉

(バラモン教 現在のヒンズー教)が盛んだったんだよっと。

 

アートマン=真我と訳される自己。

永遠の自己。つまりは、魂的なもの。死後、裁きを受ける自己。輪廻転生するらしい…なにかしら。

 

ブラフマン=この宇宙の根本原理。

この世界の全ての原初の原因であり、その摂理であり…いわゆる「マスコット的神」ってやつだろーね。

 

 

               バラモン教典によると…

 

エクストリームエクササイズで

           苦痛に耐えると…     

f:id:tekkan-non:20190521182802j:image        

     アートマン(永遠の自己)

                 凌駕して

 ブラフマン(マスコット的神)

                なれるっ!

                                      らしいよ…


       アートマンブラフマンの一体化で

f:id:tekkan-non:20190522185120p:image

                 …になれるよってわけ。

                 ヒャッホーウ  (・∀・)スターマリオ…

 

         おまけに輪廻転生(生まれ変わり)の際には、

『苦行だとか…徳を積むと貯まるポイントに応じて、もれなく優遇されちゃう!』キャンペーン

展開も人気を博して、巷では苦行マニアの強者たちが体験談を自慢しだす始末…

 

f:id:tekkan-non:20190522231249p:image

「三日三晩飲まず食わずの不眠で、瞑想してたらさ…思考回路が

迷走し出してさ…あったまクラクラ。いや、まいったぜー。んでよぉ…気ぃついたらさぁー…

眩い光を浴びて神に包まれた(気分だった)ぜーっ

 超ヤバくねっ、そんな俺?

 

             そりゃ  (・ω・) 確かに、ヤバいわ。

 

 

 

 

 

 


らく4日目朝日を…

f:id:tekkan-non:20190521002728j:image

    ブラフマン見間違えたのだろう…

 極度のエクササイズによって、

 幻聴や幻覚をよからぬものと

 見間違えて自慢する輩が続出…

 

     かなり、トリッキーな大衆文化が花開く🌼

             

 

                   ( ̄O ̄;)うさんくせぇ

                      と、聞けば…ぷんぷん臭う…

        うさんくさい

           「アートマンブラフマン」だが…

 

実はこれ…『人間の深層意識』に根ざしたインド発祥のウパニシャッド哲学(その成立は、バラモン教以前からあったもの)から来ている奥深い歴史がある。

    ウパニシャッドってのは、"秘奥義"の意味らしいよ…

 

さぁ、少し落ち着いて

  …あなた自身の心の

     奥底を…しばし冷静に

              見つめてみて

                                ほしい!

 

                 意識の最深部にある「認識」

 

アレ、コレ、ソレ…判断や区別する以前の

 

アレ、コレ、ソレ…という純粋な「認識」だけ

 

その「認識するもの」をあなたは

認識することが出来るだろうか…?

「認識するもの」を見極めたとき…真理を得て、ブラフマンと一体化するというのだが…

 

僕らは意識の中にある

「認識するもの」を

   認識することがっ…

    出来ないのだっ!

 

   いや、できるしっ!

とリキんでやってみたところで…無限に続く…

 

f:id:tekkan-non:20190521221200p:image                                                                         

                             …となる。

 

ぬおおおオォォォォォォォおおおっ!

まだまだまだまだまだまだ…修行が足りんっ!

と…思考回路がショートするまで、その「認識するもの」が何も感じなくなるまで苦行に没頭するのがオチ…          

f:id:tekkan-non:20190522233113j:image

f:id:tekkan-non:20190522233623p:image


     ある時、気づく!

「これ、意味ねぇしっ!」

          鶴ちゃん、それ…アキラ100%のネタだよっ


           彼は…流行に飽きたわけじゃない。

            苦行に耐えかねたのでも…ない。

 


    この苦行が、無意味であり…むしろ逆効果であると…

      見抜いた

                       …と、いうのだっ!

       ∑(゚Д゚)

       ぎゃ、逆効果…とは、一体どういう了見だっ!

           ダイエット効果くらいは望めないのか?


   確かに僕らの意識の中に

「認識するもの」が居るのに、

そいつを認識できないとは…

つまり、認識してるやつを認識しようとすると…

認識したやつを更にまた

認識しなくちゃならねーという…

 

 メンド臭くて

 

   ややこしい

 

 

 

 

  ゴルゴ13みたいな奴…

f:id:tekkan-non:20190522210457j:image

と、

    わかっていただけたろうか?

 

 

認識という無限の大行列はどこまでも果てし無く続く…

f:id:tekkan-non:20190522221952j:image

 

 

 

        「認識するもの」を認識することに

                あきらめがついたあなた…

                  の最後尾…

            (最深部)

             にいる

 

 

 

f:id:tekkan-non:20190524124422j:image

               がっ!…

 あなた自身である!

 


  そして、その背後に立つ者は

     即射殺されるわけだから

 

   (殺されないにしたって、

           無限に続くんだから…

             あきらめるまで続く                        

                            だけだよッ)

                                                 ご心配なく

      …最後尾のゴルゴ13は…

      「認識を…あきらめた!」

        「認識できない!」…

   けど…居る!!!

         まぁ、最後尾であきらめて…居るわけだからね…

 

     「凄腕の殺し屋」そして

「暗殺することができない!」

 

          つまり…認識を

  あきらめたあなたが自身が…

 

「無敵」なのであり…

       何を隠そうアートマン

        (真我と呼ばれる自己)

      それなのだ!!!

ウパニシャッド哲学の凄さがわかっていただけるだろうか…

 

      そして!シッダッタも

           …無敵のスナイパーの前に…

        全てをあきらめた!

 

                    …と、いうより

                     いーかげんウンザリ…

                           だったんだろぅね…

        その瞬間ッ…

     そいつの正体を…

ついに見た!!?らしい…


                       仏教で説かれる

         五蘊、十二処、十八界、六根六境

ってのが、あるんだけど(興味あったらググってね…)

 

                   つまり、これ僕らの

「私が私を認識している…意識の焦点」    

           を形作る要素や条件のこと…なのっ

 

クドい説明はスッ飛ばして、一番理解しやすい「六根六境」を例にして説明するよ!

f:id:tekkan-non:20190522235143j:image

 

そして、6個の要素から伸びる任意の

                   「意識の焦点」

f:id:tekkan-non:20190522235235p:image

楽しければ…楽しいという任意の意識焦点があり

悲しければ…悲しいという任意の意識焦点があり

 

                 あなたの意識に浮かぶ

           無数にある焦点の

           ひとつひとつを…

              ゴルゴ13

          ターゲットとして、

       「私の意識(ターゲット)」    

     と見ているわけだよね…

 


     しかし、ブッダ

そのカラクリを見抜き…

  こう述べた!!

 

 

 


最後尾のゴルゴ13 が居るのでは…無く!

f:id:tekkan-non:20190522201432j:image
 

 

                僕らのカラダから

          感覚器官によって、

フォーカスしたターゲット意識焦点

   abc  …

 自動発生的にゴルゴ13 が現れ

 

 私の…(ターゲット)意識であり、

 私の…(ターゲット)感覚であり、

 私の…(ターゲット)思考である。

 

    と勘違いしている

                       …というのだっ!

 

 

 

 

 

 

 

                       もはや、それは…

f:id:tekkan-non:20190523004754j:image

 


     ゴルゴ13 という

     不変で…唯一の…

            私など

     …ないッ‼︎‼︎

「スナイパーは居ない」

          という…これが

 無我

ゴルゴの群集の、どいつかが…「あなた」でもなく…その群集の全員が「あなた」だとすれば…あなたは唯一のひとりではなくなってしまう…

 

   ゴルゴどもは

    「意識焦点」

       と同時に現れる

         ヴァーチャル

   (仮想のスナイパー…)

に過ぎぬッというのだっ!

 

これね、昨今の脳科学者が提唱する

           「この世界は仮想現実」説、そのもんでしょ。

空想の世界があるんじゃなくて…それを見ている僕らの意識自体が…どうも怪しいらしいという言い分。

 

 ブッダ…スゴす(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

2500年前…茂木健一郎より的確な分析してやがるじゃねーか!

 

 

  ちょっと、待てよ!

確かに意識層に現れる様々な感情や、思考や、意志はバラッバラだけど、それを投影している6つの要素(この身体の感覚器官)は一つだろっ?

 

          と、反論できるように思うのだが…

       それは、違う!

   実は

無数のゴルゴ群集どもが…おりなす滑らかな…

パラパラ漫画に過ぎぬっ!

まずもって

あなたの意識現象は時空間(という因果縁生)に閉じ込められているのだから…

f:id:tekkan-non:20190522202447g:image

                                         YouTube パラパラ漫画「困った」

もし、時が止まれば…

 

パラパラ漫画の一枚の

  イラストに過ぎぬっ!

 

僕らの身体なんてのは、日々…成長して、やがて衰えていくもの…不変の同一要素や条件にはなり得ない!

食べ過ぎりゃ…太るし!

        (ライザップすりゃ…コミットできるんだし…)

 

幼い子には、ゴルゴの群集がいないか…少数であると考えて欲しい!次第に人生経験や記憶学習により、僕らは想像を絶するほどのゴルゴ群集を脳内に抱えてゆき…

 

そのゴルゴ一人一人があたかも

パラパラ漫画のように…鮮明に

滑らかな意識現象

(思考、記憶、計算、分析、哲学、妄想、制御してる気分)

                       を起こしている!

 


それは、ゴルゴ群集のはずなのに…「苦行をすればするほど、苦行に耐えている、我慢しているゴルゴ13 だけが明確にその焦点を見て…"私が我慢している、私だけの苦痛がある"という誤った自己認識や固定観念に陥るという矛盾があり、ブッダが苦行を逆効果だと断じた理由である。

 


驚くのは、まだ早いッ

ゴルゴ13 が、実は居ない…ばかりか僕らの意識の焦点に現れる仮想であるというならば…

僕らが想像する…

「魂…前世…来世…死後

     裁きを受ける"私"…」

 なんてものまでが、無い!

もしくは、

ヴァーチャルなんだよということに他ならない。

 


誤解なきよう、ここはもう少し丁寧に説明させていただこう!

俗に言われる、臨死体験、死後の世界を垣間見る体験談…のどれもが…

    体験者の主観意識

     を通して語られる。

と…僕らは、僕らの個々の魂があって…個々の命があって…個々の私があると受け取り!

 

どこまでも続く"私"がある

信じたいし、

そう願ってもいる…が、

そもそも…いつまで

"私"は"私"で

いなくちゃならない

のだろうか?

 

よっぽどの強欲でもなけりゃ…

いいかげん「ほぼ満足…」

で、いったん落ち着いて…

次、行きたくない?

 

            (いや、飲み屋の話じゃないよ!)


前世で苦労をしたから、

来世では楽ができるなら…

その次は…また、苦労だろ。

永遠の楽など無い…わけで…

 


どこまで行ったところで…

                                なのである!

 

  (いや、連チャンハシゴの朝帰り…の、話じゃないよっ)

 


                    実は…手っ取り早く、

  "私"が居るというゴルゴども自体が…錯覚

 

    セル画の繋がりによって

      現れるアニメーション

                 というカラクリを見抜き…

                 いかなる意識の焦点をも

 

                 "私のもの"とは…しない。

       と、いうことに…

        尽きてしまう。

 

      それは死後…ですら!!!

 

生前の後悔や、懺悔、罪悪感

     なんてもんを…あの世で

        悔やんだところで…

  "私"というゴルゴどもの呪縛

                (その、カラクリ)

             から逃れない限り…

                 終わらない。

 

                 いわゆる、地獄ってやつだろう…

 


                         …と、なれば

「好きなことして、楽しんで、  

    やりたいことだけやって…

     後悔なく死んじまったもん

                  勝ち!?」という

    安直な利己的欲求に飛びつきたいもんだが…

           主観的に

                  「好きなことして、楽しんで、

                       やりたいことだけやって…

                 後悔なく死んじまったもん勝ち!?」

     をやってるゴルゴ13

                 いる限り…

 

            結果は同じこと。

        欲求は、欲求の継続…

   もしくは更なる欲求にしか

  ならない…"私"が、ある限り!

結局ッ!!!

ゴルゴ13 の背後を取らなくては意味がないのだよっ!

       しかしっ、…奴の背後は死を意味する凄腕の…

                         

         諸君ッ!(・Д・)ノ

     僕は、そいつを

まったくもって、勝手に

ビハインド・ザ・ゴルゴ」と呼ぶ!ことにしたよっ!

 

 

 

 

 

f:id:tekkan-non:20190523005650j:image


  ビハインド・ザ・ゴルゴとは、

         誰でも無いたんなる

           「認識」

                  それだけ。

    ⚠️それは、あなた…であってはならない!

あなたのビハインド・ザ・ゴルゴ」であれば…

あなたの最後尾ゴルゴ13でしかないのだから…

 

          …(ㆀ˘・з・˘)

                   ややこしいっしょ?www


もはや、誰でもない

のだから…

"私"は私の為に

頑張らなくても

…良い!

頑張りたいなら、

頑張れば

…良い!

 

    利己的ではなく…

    利他的でもなく…

無数に現れる

ゴルゴどもを…

誰でもない

ビハインド

ザ・ゴルゴが

ただ…ただ…

静かに見守っている

状態…

**:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'*:.。..。.:*・゜゚・*

そう!これこそが

        ブッダのたどり着いた!

 

       涅槃

      (ニルヴァーナ)

 f:id:tekkan-non:20190524231046j:image     

ブッダは苦行を無意味で逆効果としながらも…その後、質素倹約に徹した隠居生活さながらの布教活動に身を置く。

 

苦しい苦行を我慢して、やっていたわけではなく…

 

        我慢にすらならぬ!

      無欲にして!静寂なる!

 

ビハインド・ザ・ゴルゴ

そのものっでしかなかったのだッ

 

それは…

"私"を私とは見なせない                    

   (私)

     つまり…

         苦労しようが、

                  楽しもうが、

                          生まれ変わろうが…

もはや私では、無い!

 

刻一刻、この瞬間の私が

            生滅(現れたり、消えたり)を

                                          繰り返すのみ!

 

 

               これこそが

    「ブッダの解脱」の真意!

"私がいる"として…どこに、どの状態でいることが"私"なんだろうか?"私"が私だと思っていたその"私"の正体は…ゴルゴ13 の幻影じゃないと言い切れるだろうか…最後尾のゴルゴすら認識できない僕らの意識で"私は居る"と信じる限り…もしかしたら、死後も"私"は居るのかもしれない。そして…永遠に終わらないのかもしれない。カラクリを受け入れるまで…

 

f:id:tekkan-non:20190522230215j:image

 

 

 

 

 

     めんどくさいやつっ…てのは、わかったよ

         (´ ・ω・` )

                           呆然自失思考回路停止…

 

ブログ執筆中…僕もマイゴルゴ を何度か見失いかけました(既に、裏読み©︎inemaは見失ってっけどな…というツッコミは、きこえませんっ!)

      が、その真意はかなり…ぶっ飛んだ

『哲学的脳科学分析』

                                         そのものなんすよ。

 

       ぶっ飛ん

       ブッ……だからね…

ヒュウうううウゥゥゥゥ(寒)


      その感触だけでも伝わったでしょうか…

  TO BE CONTINUED

ブッダの示した世界観(因果、縁起、無我)てのはね…基本、無常ってよりも…無情で虚しくなるんす。でもね…その、真意が見えたときっ!

        この世界が…

                       一変しまっせ

        次回!!!

    天上天下唯我独尊

  ブッダは、そこに何を

          見たッ!?

                   で、お送りいたしますッ

 

 

 

                 気になるじゃねぇかっ?

                乞うご期待、お楽しみに!